brew でいれてたけど限界がきたのでバージョン管理ツール使う。 nodenv を使うことにした。宗教的理由により anyenv 経由でのインストールはしない。

既存環境のアンインストール

とりあえず今の環境を消してきれいにする。

1
2
3
4
5
6
7
8
$ which yarn
/usr/local/bin/yarn
$ which node
/usr/local/bin/node
$ which npm # npm 自体は node のインストールで自動的に入ってくる
/usr/local/bin/npm
$ which n # 昔 n を入れてた気がしたがそんなことはなかった
n not found

消していく。

1
2
3
4
5
6
$ npm uninstall npm -g # node の削除の前にこれをやる
$ rm -rf ~/.npm
$ brew uninstall yarn
Uninstalling /usr/local/Cellar/yarn/1.22.0... (14 files, 5MB)
$ brew uninstall node
Uninstalling /usr/local/Cellar/node/13.8.0... (4,686 files, 60.2MB)

消えた。

1
2
3
4
5
6
$ which yarn
yarn not found
$ which node
node not found
$ which npm
npm not found

nodenv インストール

公式サイトの通りに進めていく。

1
$ brew install nodenv # node-build もインストールされる

~/.zshrc に下記を追記してターミナル再起動。

1
2
export PATH=$HOME/.nodenv/bin:$PATH
eval "$(nodenv init -)"

正常にインストールできたかチェックしてくれるツールらしい。

1
2
3
4
5
6
7
8
$ curl -fsSL https://github.com/nodenv/nodenv-installer/raw/master/bin/nodenv-doctor | bash
Checking for `nodenv' in PATH: /usr/local/bin/nodenv
Checking for nodenv shims in PATH: OK
Checking `nodenv install' support: /usr/local/bin/nodenv-install (node-build 4.7.1)
Counting installed Node versions: none
  There aren't any Node versions installed under `/Users/iriya/.nodenv/versions'.
  You can install Node versions like so: nodenv install 2.2.4
Auditing installed plugins: OK

インストール可能な node の一覧

rbenv とほぼ使い方は一緒。fooenv 系はどれもそうなのかな。

1
$ nodenv install -l

node インストール

インストールしてグローバルに設定。

1
2
3
4
$ nodenv install 12.14.1
$ nodenv global 12.14.1
$ nodenv versions
* 12.14.1 (set by /Users/iriya/.nodenv/version)

npm の場所を確認。

1
2
3
4
$ nodenv which npm
/Users/iriya/.nodenv/versions/12.14.1/bin/npm
$ which npm
/Users/iriya/.nodenv/shims/npm

特定のディレクトリでバージョンを固定したい場合。下記コマンドを実行した場所に .node-version というファイルが作成される。

1
$ nodenv local 12.14.1

yarn のインストール

1
2
3
4
5
$ npm install -g yarn
$ yarn -v
1.22.0
$ which yarn
/Users/iriya/.nodenv/shims/yarn

nodenv のアップグレード

1
$ brew upgrade nodenv node-build