環境は Mac でやってますが Linux でもほぼ同じです。

インストールから初期設定まで

Mac なので brew でインストールします。

1
$ brew install postgresql

最初にデータベースの初期化をします。

1
$ initdb /usr/local/var/postgres -E utf8

試しに PostgreSQL サーバーの起動を確認してみます。

1
$ postgres -D /usr/local/var/postgres

起動に問題なければ、環境変数の設定をします。.zshrc とか .bashrc とかに追記してください。

1
export PGDATA=/usr/local/var/postgres

マシン立ち上げと同時に起動しておくようにします。Linux だとディストリビューションによるので割愛します。

1
2
$ cp /usr/local/Cellar/postgresql/9.*.*/homebrew.mxcl.postgresql.plist ~/Library/LaunchAgents/
$ launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist

これで準備ができました。

データベース準備の基本

データベースの一覧を取得します。

1
$ psql -l

デフォルトで postgres , template0 , template1 のデータベースが用意されています。

ユーザーの作成をしてみましょう。

1
$ createuser -a alice

データベースの作成をしてみましょう。

1
$ createdb -E UTF8 -O alice alice_db

作成したデータベースに接続してみましょう。

1
2
3
4
5
$ psql -U alice alice_db
psql (9.3.2)
Type "help" for help.

alice_db=#

このようにDB名のプロンプトに切り替わったら成功です。

基本のコマンド

psql で使う基本的なコマンドです。”バックスラッシュ + 1文字”というコマンドはなかなか覚えられないですね。英語の先頭文字と結びつけて覚えるのが近道です。

コマンド説明
¥qpsqlを終了
¥dテーブルやシーケンスの一覧を全て表示
¥dtテーブルの一覧を表示
¥dsシーケンスの一覧を表示
¥zアクセス権を含めてテーブルの一覧を表示
¥lデータベースの一覧を表示
¥iファイルに書かれたSQL文を読み込んで実行

素晴らしいサイト

PostgreSQL を練習するのにすばらしいサイトがありますので紹介します。こちらです。 PostgreSQL Exercises