ターミナルを使って HDD 容量を確認するのに使うコマンドは df です。 ディレクトリの容量を確認するコマンドは du です。

今回はちょっと便利なオプションを紹介します。

Human readable option

df, du のいずれのコマンドも -h オプションをつける事で MB, GB, などの単位で表示してくれるので見やすくなります。

容量を圧迫しているサブディレクトリを探す

サブディレクトリ毎に容量を表示して欲しいときがあります。 例えば、以下のような状況を想定します。

1
2
3
~/project/a
~/project/b
~/project/c

このように project 配下に a, b, c という3つのディレクトリがある場合 $ du -h ~/project とすると ~/project が利用している容量は把握できますが、端末上にずらずらと文字が並び分かりにくいです。 また a, b, c のうちどのディレクトリの使用量が多いかということも分かりづらいです。

そこで各サブディレクトリの容量を簡単に把握するには以下のようにします。

1
$ du -hd1 ~/project

はい、すごく便利ですね。