iriya-ufo's blog

Curiosity was simply the first derivative of knowledge.

Mac に Common Lisp 処理系をインストールする

Common Lisp は仕様によって規定される言語なので処理系が複数存在します。フリーでメジャーなのは SBCLClozure CL です。違いは Wikipedia あたりを参考にしてもらうといいかと。 簡単に特徴を上げるとすると SBCL はバイトコードへのコンパイルがかなり優秀だがコンパイル速度が遅い、Clozure CL はコンパイルが速くデバッグメッセージなどが分かりやすいけど、バイトコードの速度は SBCL に劣る。といったところでしょうか。 開発は Clozure CL で本番は SBCL みたいに使い分けるといいかもしれないです。

今回は両方インストールしてみることにします。

SBCL のインストール

$ brew install sbcl

REPL するときに、ヒストリーの行き来ができないので rlwrap でラップしてあげます。以下を ~/.zshrc などに追加します。

alias sbcl='rlwrap sbcl'

これで終わりです。後は SLIME などの便利な環境を入れますが、これは Clozure CL でも共通ですので後で書きます。

Clozure CL のインストール

Mac App Store から GUI 処理系がダウンロードできるようですが、別に統合開発環境は必要ないので SVN で実行バイナリをダウンロードする形でインストールします。

インストール方法は公式サイトに準拠します。

http://ccl.clozure.com/download.html

$ cd /usr/local/
$ svn co http://svn.clozure.com/publicsvn/openmcl/release/1.10/darwinx86/ccl

これで /usr/local/ccl 配下に実行バイナリがダウンロードできました。ccl の中にある dx86cl64 というのが 64 bit 版の処理系です。

SBCL 同様 rlwrap でラップします。以下を ~/.zshrc などに追加します。

alias ccl='rlwrap /usr/local/ccl/dx86cl64'

SLIME の設定

Common Lisp を使う人はみなさん Emacs 使ってると思うので、SLIME いれましょう。24 以降の Emacs だとパッケージからインストールできます。補完を便利にするため ac-slime もいれます。後は .emacs に以下を追記します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
;;====================================
;; Common Lisp
;;====================================
;; デフォルト処理系の設定
(setq inferior-lisp-program "/usr/local/ccl/dx86cl64")
;; slime の設定
(require 'slime)
(slime-setup '(slime-repl slime-fancy slime-banner slime-indentation))
(setq slime-net-coding-system 'utf-8-unix)
;; slime の補完
(require 'ac-slime)
(add-hook 'slime-mode-hook 'set-up-slime-ac)
(add-hook 'slime-repl-mode-hook 'set-up-slime-ac)

Emacs で開発するときは M-x slime として REPL を立ち上げて開発をしていきます。