iriya-ufo's blog

Curiosity was simply the first derivative of knowledge.

「人工知能は人間を超えるか」を読んだ

表紙に惹かれてつい買ってしまった本だったが買ってよかった。タイトルからシンギュラリティの話かなぁと思ってたけどそうではなかった。 人工知能のこれまでの歴史を振り返り、それを踏まえた上で今ブームになっているディープラーニング、何が出来て、何が出来ないのか、今後の未来はどうなっていくのか、といったことについて研究者の立場から冷静になって提言しておられた。 内容は非常に分かりやすい。高校生でも文系でも十分に理解できる。専門的な話しではなく、あくまで一般の人を対象に、機械学習ってそういうことなのね、ディープラーニングってそういう仕組なのねということが分かるような平易な文章で述べられている。

また本書を読むと、人工知能についての正しい理解が得られる。将棋で人工知能が人間に勝ったからといって、ターミネーターのように人工知能が心を宿して人間を支配するというような突飛な論理の飛躍に繋がらないことが技術的な意味で理解できる。

一度ブームが到来すると、こぞってマスコミなどが取り上げるため、人工知能という言葉が一人歩きをしてしまいがちだ。最近だと Google の自動運転の実験とか、絵画を描いた人工知能とかが話題だろう。 絵画のニュースなんかはその絵の気持ち悪さから、種々の意見がまとめサイトとかで上がってたりしてた。でも本当にオリジナルの真っ白なキャンバスから作ったりした絵じゃなくて、あくまで既存の写真からパターンを抽出し変化させただけに過ぎない。とこういったことも本書も読むとよく理解できる。もちろん画像データから動物や目といった特徴を見つけて強調させるアルゴリズムは作るのが大変なんだろうなとは思う。

シンギュラリティが起こったり、人工知能自身が人工知能を創りだして自我を獲得するといったことは考えるのは楽しいことだ。しかし現在の技術からは相当乖離のある夢物語だと述べていた。その理由として「人間 = 知能 + 生命」なのだという話しは目からうろこだった。生命として備え持つ生存という本能。これを抜きにして「ロボット + 人工知能 = 人間を超える」という図式は確かに成り立たないなと思う。

平易な文章なので人工知能にちょっとでも興味があるなら読んでおいた方がいい。

最後に、本書で印象深かった文面を引用しておく。

これらはかつて人工知能と呼ばれていたが、実用化され、ひとつの分野を構成すると、人工知能と呼ばれなくなる。これは「AI効果」と呼ばれる興味深い現象だ。多くの人は、その原理がわかってしまうと、「これは知能ではない」と思うのである。

(強いAIに関して)私の考えでは、特徴量を生成していく段階で思考する必要があり、その中で自分自身の状態を再帰的に認識すること、つまり自分で考えているということを自分でわかっているという「入れ子構造」が無限に続くこと。その際、それを「意識」と呼んでもいいような状態が出現するのではないかと思う。

人工知能は人間を超えるか

「ゼロ — なにもない自分に小さなイチを足していく」を読んだ

ホリエモンを知らない人は日本にどれくらいいるんだろう。IT企業のライブドア、球団買収、ニッポン放送とメディアを騒がして著名になったと思えば、証券法違反で逮捕。日頃の物言いも相まってか、ホリエモンという人間を好んでない人も多数いたことだろう。

そんなホリエモンが刑務所で刑期を終えて出所し書いた本書、ゼロ。前半多くの紙面で赤裸々に自らの幼少時代を語っている。なるほど、ホリエモンという人格形成には家庭環境が大きく関係していたのか、ということがよく分かる。

後半は実にホリエモンらしい内容だ。

  • 何もしないことはリスクである
  • 挑戦に失敗はつきものだ
  • 全てを失ったとしてもまたゼロからスタートできる
  • 全力で仕事をする
  • やりたいことは全部やれ

一言で言ってしまえばそこらへんの自己啓発本と大差ない内容だろう。だけどなぜかホリエモンが言うと説得力が増す。自分も頑張ろうかなと思える。それくらいよくできた本だ。逆に綺麗すぎる内容にも思える。最近のTwitterの発言などをみてるとほんとに同一人物だろうかと思えるほどだ。 まぁ人はそうそう変わらない。またもとのホリエモンに戻ってきただけだろう。でも実は根っこはかなりの努力家で負けず嫌いな合理主義者だ、とそんな発見があった本だと言える。

宅配業界の熾烈な戦い

物流関連の仕事をしているならこの本は必読、と言われて渡してもらった本がこれです。

仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン

最近ようやく読了したので内容を少し紹介。

日本で宅配といえば、ヤマト、佐川、日本郵便のみつどもえ合戦になっており、データでみるとこの三社で宅配事業の9割の荷物が流れているということになっています。その数は年間90億個強、国民一人あたり年間90個弱という数値です。

この三社がいかにして現在の宅配事情を形成することになったのか、宅配業界はこれからどうなっていくのか、非常に読み応えある文章で分かりやすく書かれています。データだけの分析ではなく、筆者の得意?とする潜入取材という経験から描かれた内容はすごくリアルで現場の苦労がよく伝わってきます。

宅配業界の行き過ぎた過剰なサービス、それに対する不十分な教育、不釣り合いな運賃、といった不合理にはものすごく共感できます。

しかし一方でサービス受け手側に立つとその苦労が途端に見えなくなります。不在になって再配達をしても一切の運賃はかからない。Amazonやヨドバシでは送料無料をうたっておりその他ECサービスでも送料は無料でまるで当たり前のサービスだと思ってしまいがち。

でも物が届くということはそれを支える物流インフラがあってこそのもの。そこには当然ドライバーさんや仕分け作業員さんなども含まれる。筆者によるとヤマトが1400億円の資金を投じて建設したヤマトの心臓とも言える羽田クロノゲートではほとんどの人が非正規雇用、バイト、派遣社員、日雇い労働者、外国人なのだそうだ。ベルトコンベアから流れてくる荷物をひたすら詰めて投げるの繰り返し。遅れようものなら赤いランプと警告音ではやくしろと催促。

今なんとかしないと宅配業界の未来は危ないのかもしれない。

目標設定にKPIを定める

前回記事にて2015年の振り返りっぽいことをやったのですが、2016年に何を目標とするかまだ決めてませんでした。仕事初めの前にきちっと目標を立てておこうと思います。 これまでを振り返ってみて、大きく前進したと言えるのは何か新しいことを始めた年だった気がします。起業した年はすごく大きな変化でした。結果を見ると会社たたんでいるので失敗ということになりますが、自分の中では大きな良い変化でした。 2015年はちょっと楽な年、だったような気がします。やっぱり少ないながらも安定した収入があるのは平常心を保つのに重要ですね。お金大事です。はい。

2016年に何をしようか、やりたいことはいっぱいあるんですが、今年はきちっと数値目標に落として実行していこうかと思います。 突然ですが、KPIってご存知でしょうか?Wikipediaを見るとなにやら難しいことがつらつらと書いてありますが、ようするに目標達成するために重要な明確な行動指針ということです。 このKPIを自分の目標でも設定してあげることで、ちゃんと前に進んでるぞという実感を得ることができると考えました。まず僕の2016年の目標は以下の通りです。

  • 乗馬で4級ライセンスをとる
  • 積読を消化する
  • プログラミング上達
  • 筋トレ(チンニング連続20回・倒立3分・上水平)
  • 溜まったアニメをみる
  • 収入を倍にする
  • 人から好かれるようになる

ざっと書いてみたところこんな感じです。結構たくさんあってなかなか難しい気がします。そもそも溜まったアニメなんて、今数えてみたら毎日4話ずつみて一年かかるくらいの量がありました。貯めすぎです。 まぁ、できるかどうかはおいといて目標は高い方がいいのでね。さてこれらの目標からKPIを立ててみました。

  • 一ヶ月以上乗馬をしない月を作らない
  • SNSの返答などは出来る限り速くする(30分以内に返答)
  • 朝8時に起きる
  • 6時間以上寝る
  • 毎日体脂肪率を図り、一年で10%を切る
  • 毎週月曜日は筋トレを30分行う
  • 通勤時間のスマホ利用時間を0分にする
  • 行動の決定に迷わない、すぐ決断する
  • 他人の言動をきちっと言葉にして褒める(一定の会話の中で一回以上)

KPIに起こすとこんな感じですね。なぜこのようなKPIになったのかですが、僕が目標達成するために決定的に重要なのは時間の使い方です。積読も溜まったアニメも結局のところ時間がないと消化できません。 得に重要なKPIは「通勤時間はスマホを使わない」です。このKPIを着実に守っていれば、通勤時間のあの暇な時間に何か行動をするはずです。どんな行動ができるか分かりませんが、とにかくスマホをみる時間はなくします。朝8時に起きる、6時間以上寝るというのも時間を効率よく使うためです。

2016年、充実した年にしたいものです。

さて、来年は何をやろうかな

ちょっとPCのフォルダーを整理してたら「2015年度の目標.xls」というのが出てきた。ふと気づくと2015年が終わろうとしている。この段階で、あっ目標立てただけで絶対できてないやつやん、と思いました。だってついさっきファイルの存在を再認識したのですから。

ともかく、2015年度の目標はなんだっけと見返してみると以下の5項目だった。

  • 家族旅行
  • 乗馬クラブの会員になる
  • 自転車通勤を150日以上
  • 収入を2倍にする
  • デザインに関する知識を身に付ける

どうせ全部出来なかっただろうと思ってたら「乗馬クラブの会員になる」だけ達成していた、おまけに5級ライセンスまで取れた。2015年初は会員になるのに20万かかると分かって頑張ってお金貯めようとしたんだっけ。

でも、あとはからきしダメですね。

んー、目標を達成するのってどうすればいいんでしょうね。もうちょっと具体的な数値に落とし込んで毎日チェックするとかしたほうがいいのかな。

来年は仕事面でもがむしゃらに頑張るとかじゃなくて、数値目標っていう点に拘ってみようかな。頑張りよりもデータが命、みたいな。苦手だなぁ・・・。

ガヴちゃん堕天使でまじ可愛い

いやぁ、出ましたね。よつばと! 13巻!!

めっちゃ待ちましたよ。めっちゃ。もう出ないんじゃないって思ってましたからね。新作読めて最高です。 13巻はおばあちゃん回でしたね。ばあちゃんが帰るときのよつばの反応。あれアニメとかなられんちょんが初めて泣いたときみたいに、ひたすら時間かけて引き伸ばして欲しい感じの描写ですね。ぐっときます。あと僕的にはやんだとよつばの絡みが最強に面白いですね。さらに言うと風香ちゃん可愛いね。

でタイトルと全然関係ない話ししてるので、そっちの話ししますね。 よつばと買ったらコミックの広告が挟まってたんですよ。まぁよくありますよね。そこに「ガヴリール・ドロップアウト」ってのがありまして、数ページ分試しで載ってたんですが、パンツだけ学校に移動するって落ちみて購入決定です。堕天使のガヴちゃん可愛いね。翌日には秋葉で即買いです。どんな話しか、書くのめんどくさいので、こっから試し読みできるんで読んでみてくださいな。

ニコニコ静画 | ガヴリール・ドロップアウト

こんな可愛い子が堕天使なんです。いいね!天使と悪魔のまったり日常系で僕の好きな感じの作品です。これはアニメ化期待。 どうでもいいけどガヴちゃんの口調とか、めんどくさいけどやることはちゃんとやるとことか、なんか大学時代の某P先輩に似てます。P先輩はガヴちゃんみたいに可愛くないですが。

すみっこの空さん — 出会いと別れ —

最近大人買いした漫画「すみっこの空さん」2巻でいいこと書いてあった。空さんのお母さんが帰ってくるという話しで出会いと別れについての、てちゅがく。

「出会うことが別れることの合図だったら、お別れは次また会える合図じゃない?」

あんな人やこんな人を思い出してなんとなく懐かしくなりました。

AV男優という仕事

みなさんは「しみけん」という男性をご存知だろうか。言わずと知れた人気AV男優である。最近しみけんが出した本「光り輝くクズでありたい」を読んだ。

本の内容はしみけんがうんこを食べてゲイデビューから男優になったという話しから、AV業界にまつわる話し、SEXテクニック、男優が育たないわけ、ナンパの仕方など多岐に渡っている。マツコ・デラックスとも面識があるらしく、というかマツコがいたから今のしみけんがあるみたいな重要人物らしい。AV男優業界は完全なヒエラルキーの世界であるようで、上に登るにはそれはそれは大変なようだ。述べ8000人を抱いてきたしみけんは女性の理想が高いのだろうと思ったがぜんぜんそんなことはないようだ。ちょっと変態チックな人だ。

AV女優と絡めるなんていいなーと思ったりもするけれど、やっぱり仕事となると好きでないとやっていけないよなと感じました。

AV男優は少ないらしいので、性に自信のある方はチャレンジしてもいいかもですね。デブババアが出てきてもビンビンになれるような人でないと無理だけど。

Docker-machine で Mac に Docker 環境を構築する

boot2docker で Docker 環境を作っていたのだが、アップデートしてみたら以下の警告が出た。

WARNING: The 'boot2docker' command line interface is officially deprecated.
Please switch to Docker Machine (https://docs.docker.com/machine/) ASAP.
Docker Toolbox (https://docker.com/toolbox) is the recommended install method.
error in run: Failed to get machine "boot2docker-vm": machine does not exist (Did you run `boot2docker init`?)

boot2docker が非推奨になって docker-machine を使えとあるので移行作業をした。β版なので production では使わないでと書いてある。

docker-machine はこんなやつ

https://docs.docker.com/machine/

インストール

$ brew install docker-machine

boot2docker で作った VM の移行

$ docker-machine create -d virtualbox --virtualbox-import-boot2docker-vm boot2docker-vm docker-vm

環境変数の設定を書き換える

.zshrc などに書いていた環境変数を新しい書き方に変える

今まで
export DOCKER_HOST=tcp://192.168.59.103:2376
export DOCKER_CERT_PATH=/Users/iriya/.boot2docker/certs/boot2docker-vm
export DOCKER_TLS_VERIFY=1

これから
eval "$(docker-machine env docker-vm)"

コマンドの差分

今まで docker でやってたコマンドは代わりに docker-machine コマンドを使うようにする。差分は以下を参考。

http://docs.docker.com/installation/mac/#migrate-from-boot2docker

Mac に Python 環境構築

普段は Ruby 使いの自分です。ちょっと Python のライブラリを使いたい状況に出くわしたので、環境構築を含めまじめにやってみました。昔と違い随分と便利になってますね。

Python のインストール

Mac も Linux もデフォルトで python はインストールされているが、今後バージョンを切り分けたい時があるかもしれないので、Python 自体のバージョン管理は brew に任せることにする。Linux なら apt-get や yum で代用する。

$ brew update
$ brew install python

シェル再起動後、有効になっているか確認します。

$ which python
/usr/local/bin/python
# システムの python は /usr/bin/python なので、これで成功

pip のインストール

pip とは Python のパッケージ管理ツールのこと。brew でインストールした場合、pip も同梱されるのでこの手順はやらなくてよい。

Linux の場合はこんな感じ

curl -kL https://raw.github.com/pypa/pip/master/contrib/get-pip.py | python

ちなみに upgrade は以下のようにする。

$ pip install --upgrade pip

virtualenv のインストール

virtualenv とは Python の仮想実行環境をつくるもの。プロジェクト毎に独立した環境を切りたい場合などに使う。微妙に違うけど Ruby の rbenv のようなものだと思えばよい。

インストールは pip で行う。

$ pip install virtualenv virtualenvwrapper

.zshrc に環境変数を書いてリロード

export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
export PROJECT_HOME=$HOME/Devel
source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh

virtualenvwrapper の使い方

先ほど virtualenvwrapper も一緒にいれたので、このツールからいろいろやる。

仮想環境を作る (ホームディレクトリの .virtualenvs に hoge 環境ができる)

$ mkvirtualenv hoge

作った仮想環境に入る (プロンプトが変わる)

$ workon hoge

仮想環境にライブラリ入れる (プロンプトの先頭に (hoge) と変更されている状態で行うこと)

$ pip install numpy

仮想環境から抜ける (プロンプトが消える)

$ deactivate

仮想環境の削除

$ rmvirtualenv hoge

その他 virtualenv の詳細