iriya-ufo's blog

Curiosity was simply the first derivative of knowledge.

あなたは子どもたちから創造性を奪っている

従来の教育システムから飛び出した子

興味深い記事がありましたので適当に翻訳しつつ見解を述べます。

This Is What Happens When A Kid Leaves Traditional Education

以下リンク記事の意訳

ローガンは通常の教育を受けない変わりにホームスクール(注釈 ホームスクールとは?)で教育を施された13歳の少年だ。ただホームスクールを受けたというだけでなく彼は彼自身で興味関心の赴くままに自分を教育しているのだ。それは従来の教育方法のやり方ではありえない。ローガンは言っている。大きくなったら幸せで健康でありたいと。2013年のTEDトークにて、どうやって目的を達成すればいいかを教育をハッキングしながら実践してきたことについて述べている。

教育は社会に出て行くのに必要な基礎を教えられていると考えられているが、ここでいう社会で必要な力というのは言われたことを言われた通りに行う大企業にぴったりな人材育成に他ならない。現在の教育の基本方針というのは、創造性や枠にとらわれない発想をする人々の育成ではなく、より服従し従順な人材の育成である。

これが意味することは通常の教育というのは個人の成長にフォーカスしたものではないということだ。2007年のTEDトークで発表した「教育は創造性を滅ぼす」で詳しく述べられている。この動画で多くの人が教育について再考し、ホームスクールを行う家庭も増加した。

アメリカでは現在約3.8%の子どもが、カナダでは約1%がホームスクールを受けている。この数字は増加すると考えられている。

私の見解ではホームスクールでは創造性がより磨かれると考えている。また現在の教育システムではなかなか出てこない本当に自信を持った子どもたちも生まれてくるだろう。では全員がホームスクールで習うべきかというとそうではない。ただホームスクールの方がチャンスは増えるのではないかと考えている。

動画では13歳の少年が自信たっぷりに、彼自信、何をどうやって学んできたのかを語ってくれています。彼の言葉で印象的なのは「大人になったら幸せになりたんだ」というシンプルな主張でした。結局誰も将来のことなんて分からないのに、良い学校を出て大企業に入って良い家庭を築くというのが幸せであるかのように教育されることに対してそうじゃないでしょ?ということを彼は語っています。

日本のホームスクールの現状

改めてホームスクールとは何か簡単に言っておくと、親や地域が協力して子どもの自主性を尊重し育成を見守るということですね、それには学校での教育も含まれていて必ずしも学校に行かずに家で教育を施すことをホームスクールと呼ぶものではありません。 日本の現状はこちらの資料が詳しいです。ホームスクールを行っている家庭を正確に把握することは困難ですが2-3千人ほどいると言われています。ホームスクールを行うことを決めたきっかけは子どものいじめや不登校の問題から、親自身が親身になって考えた結果、ホームスクールという選択肢を選んだ場合がほとんどのようです。ホームスクールの是非についてはここでは考えませんが、親の見解、教師側の見解ともに納得いくものでありどちらが良いとか悪いとかいうものではないと思います。ただ一つ言えるのは決して簡単なものではなくそれこそ親の深い愛情があって初めてうまくいくものだといえます。

創造性は誰にでもある、ただみんなそれを奪いとっている

『Does Education Kill Creativity?』 でも言われていますが、子どもは誰しも創造性というのを持っていて大人はそれが何なのか分からないから知らない間にその芽を摘み取っているんですね。もし子どもがミュージシャンになりたいって言ったらあなたは何と答えますか?あるいは絵を描いていたいとかプロ野球選手になりたいとか、考古学者になりたいとか、まぁ何でもいいんですけど、なんて答えるでしょうか?多くの人はそれに反対する理由を述べるんじゃないでしょうか。それも子どもの幸せを願ってのことだと思いつつ・・・。 僕の小さい頃の夢は科学者になることでした。よく覚えてないんですが、僕は小さいころ本当にたくさんの質問をして母親を困らせたようです。誰もが考えるテンプレートな質問もしてました、「なんで空は青いの?」ってね。科学に対する興味はずっと続いていて大学に入るまでは夢を持ち続けていました。まぁ今の僕は科学者になっていないわけですが、それでも幸せですよ。ちなみに自由な時間とお金があればもう一度学問の世界に飛び込んでみたいと今でも思っています。

自主性を重んじた教育を行うって言うのは簡単なのですが、これかなり難しいと思います。最終的には親や教師の考えのバイアスを強く受けるので。 創造性を奪わないようにするためにできることって、子どもにたくさんの経験をさせて、その中で彼ら自信が選んだ選択の行く末を、たとえそれが失敗に終わったとしても、暖かく見守っていくことが大事なんだと考えます。

教育にイノベーションを起こすのは、行政かスタートアップか?

最近 EdTech (Education + Technology) という言葉が盛んです。スタートアップ界隈でも教育関連のサービスがたくさん生まれてきています。米国のみならず日本でも注目されている分野です。

そんな中、行政中心となる改革でこんなニュースがありました。

ネットに教材、クラウドでどこでも学習試行へ

以下一部引用

総務省と文部科学省は、インターネット上に電子教材を置き、学校と家庭の双方でタブレットなどの端末を使って勉強ができる新たな教育システムを2014年度後半から試行する。
学習記録を分析することで、児童・生徒がつまずきやすいポイントを教師が把握でき、教材や指導方法の改善に役立てることも可能となる。転校する場合にも、学習記録を新しい学校に簡単に引き継ぐことができる。

原文を読んでもこの情報だけだと何をどうするかよく分からないけど、教科書を電子教材に置き換えたいんだろうということは何となく伝わってきました。ビジュアルに訴えられる電子教材を使って生徒の学習の理解を深めるのはいい方法です。 “生徒ごとのスキルに合わせた学習内容の調整”も出来るに超したことはないんですが、テクノロジーの問題じゃなくてむしろ制度の方に問題があるんじゃないかという気もします。そもそもすごく出来る生徒がいるなら飛び級させて上の学年に上げればいいし、出来ない子がいたらそれを補助する仕組みを作ればいいはず。だから本来の意味でスキルに合わせた教育を行うのであれば教育制度を変えなくちゃいけない。制度を変えられるのは国だから頑張ってもらいたいです。

一方でスタートアップが教育に対してアプローチしようとした場合、やはり制度の面で色々な問題が起こってきそうです。学校の先生に役立つシステムを作っても、学校側がそれを使える環境を作れるのかというと難しい気もします。まずはスモールステップとして塾などにアプローチして成果を作った後に学校側に働きかけるという選択もいいかもしれません。ただ塾側に寄りすぎると受験テクニック的な方面にいっちゃいそうで教育を変えるって意味では少しずれも出てきそうではあります。

米国だと教師は常に評価されてて評価の低い教師はクビになっちゃうから、新しいモノでも使えそうなら使うっていうことをしてますね。個人単位で決定できるのは大きな違いかなぁと感じています。

教育にイノベーションを起こすプレイヤーは誰なんでしょうか。

チリ人と過ごした2013年の年末

可愛い天使がやってきた

2013年の年末にチリからゲストがやってきました。写真の子らはナツコとケンジです。滞在期間は4日間。今までにもたくさんのゲストが来てくれたけど一番印象に残ったのがこのチリからのゲストでした。ちなみに今までに来てくれたゲストの方の国々はこんな感じ。

香港、オーストリア、アメリカ、日本、インドネシア、チリ

チリからのゲストは8人の大家族でした。まずびっくりしたのが兄弟姉妹の仲の良さです。恋人同士なのか?と勘違いするくらいくっつきあってました、いわゆるハグってやつです。そしてお母さんと出会って最初、ほっぺ同士をくっつけて抱き合うハグをしてきましたが、僕が慣れてないせいかかなりぎこちないハグになってしまいました。

調べてみたらチリ人は「親しみやすい人種ではあるが南米に属する国のなかではあまり陽気な人たちではない」らしいです。それでも日本人の僕にとってはかなりポジティブな人たちのように思えました。またとりあえず英語が話せればたいていの人とは話せるだろうと思っていましたが、チリはスペイン語が公用語で英語を話せる人は少ないようです。スペイン語が勉強したくなりました。

美人の3C

南米には美人国の3Cと呼ばれている国々があるらしく、それぞれ頭文字を取って“コスタリカ"、"コロンビア"、"チリ”となっているようです。ゲストに来てくれた姉妹もかなり美形のお姉さんお子さんでした。チリに旅行にいってみたくなりました。

増上寺で年越し

ゲストさんがカウントダウンのイベントはあるか?と聞いてきたので調べたところ、増上寺ででかいイベントがあるようでした。僕も道案内ついでに言っていいかと聞いたらぜひと言われたのでご一緒させてもらいました。しかし出発してから気づいたのですが、2013年のカウントダウンイベントは安全上の理由とやらで中止してました。まぁでかい寺だしそれなりに楽しめるだろうと思いそのまま行く事にしました。結果、楽しんでくれていたようでよかったです。それにしても人が多い・・・。

幸せとは何か?

ゲストのお父さんとシャンパンを飲みながら楽しい会話をしました。Googleマップでサンティアゴの家をみせてもらいました。プール付きのでかい家でした。ワインは安くておいしいし果物もすごく簡単に作れるし安い、日本は食べ物が小さくて高い、でも電化製品や機械物は安くていい、と話してくれました。チリの台所洗剤やシャンプーを使う感覚で日本のを使ったら大変だったようです。(日本のは泡立ちがよすぎるらしい) いろいろと新しい発見になることをたくさん話してくれました。その中で感じたことで印象に残っていることは、家族が仲良くて幸せそうだなぁということです。核家族、少子高齢化が進む日本では正月くらいしか家族や親戚と会いませんよね?しかも人数もそれほど多くなくなってきている。本当の幸せって実はすぐそばにあるのに気づいてないだけかもしれないですね。

次の文章はチリについて調べているときにふとみつけた文章の一説です。まったくその通りだなぁ。

チリの良い所は人間関係である。先進国では、特に都市部では過度に個人主義的になりがちな人間関係もチリではまだ強い絆を保っている。芝生の上での飲み会も主役は酒ではなく、友達であり人間である。お金がない彼等が毎週楽しいひと時を過ごすのを見ているとやはり豊かさという事の本質を考えざるおえない。別にお金が重要でないと言うつもりは全くないし、お金は豊かさを考える上でとても重要だと思う。しかし、人が人である限り人間関係の質は人生の大きな部分を占めるわけであり、それがうまく豊かさに繋がっているのがチリの良い所であろう。

引用元: http://essay.jc-communication.com/2-2.html

留学してみたい

まぁ留学っていうのは半分冗談ですが旅行にはいってみたいと思いました。サンティアゴのプール付きのゲストの家にぜひ遊びにきてくれと言われたので、滞在のホテル代は気にしなくてよさそうですwマチュピチュまでフライトで2時間くらいらしいのでついでに見に行ってみたいですね。

ちなみに留学に関してですが、いいサービスがあるので紹介しておきましょう。

留学エージェンシーなんか使うとすごい高いお金を請求されることがあるんですが、あれはビジネスモデルがそうなってるんですよね。乗る飛行機とか保険とかセットで入るんですがそういった提携会社から手数料をもらうってのがエージェンシーのビジネスモデルです。この uboook というサービスはなんか工夫してて安く留学できるようなのでオススメですね。チリがまだ入ってないのが残念ですが・・・。そのうち追加されるのを待ちましょう。

話しがなんか飛び飛びになってしまいましたが、まとめると・・・「2013年の年越しは楽しかった!家族っていいな!」っていうことです。おしまい。

2013年を振り返ってみた

2013年は僕にとって大きな変化があった年でした。何があったのか振り返ってみて2014年の糧にしたいと思います。(ブログ書いてる間に2013年終わっちゃったけど・・・)

1月〜3月

徳島で予備校講師をしていました。

4月

友人の仕事を手伝うために京都に移ります。26年間過ごした徳島にさよならして新しい生活が始まりました。一人暮らしも初めてなのでワクワクしていたのを覚えています。そしてその友人を介してタイ人のポールと出会いました。この出会いが後々の僕の行動を大きく変えることとなりました。

5月

一人暮らしに慣れてきました。料理作るのって楽しいじゃん!

6月

スタートアップを支援している MOVIDA JAPAN のプログラムに応募、第4期スカラシップに採択されました。このときのアイデアは「オンラインで見つかる先生と生徒のマッチングサービス」というもの。高校生は自分に合った先生を選んで授業が受けられる。教える側は誰でもOKで人気が出ればお金も稼げるというモデル。

7月

この時期は主に事務手続きを進めていた。7月10日に株式会社 SCHOOLDIO を設立。

8月

8月19日、東京に引っ越し。ポール、エヴァン、僕の3人でトラックをレンタルして荷物をぶちこんで長旅にでた。運転はポールがやってくれました。ありがとう!

9月

バックエンドエンジニアを探すため Wantedly で募集なんかかけてみる。2人ほど面接をさせて頂いた。能力もありすごい人だったが採用はしませんでした。理由はチームの色と合わないかなと感じたからです。そこで僕含め3人の共通の知り合いのトビーに手伝ってくれないかと声をかけたところ、手伝ってくれることになった。

10月

ミーティングしていく中でピボットすべきという結論になり、「大学生からの進学情報提供サービス」をすることになった。

11月

Debut Day にて投資家の前でピッチする。Tech Crunch Tokyo 2013 にブース展示する。Tokyo Startup United に参加する。

12月

胃腸炎で苦しむ。AirBnB の来客対応で掃除ばっかりしていた気がする。年越しはチリからのゲストさんと過ごした。

2014年

これから始まる2014年はもっと成長できる年にしていきたいです。

iPhone のカメラロールを MacBook Air で管理する方法

iPhoneで撮った写真や動画を編集したいと思ったらMacにデータを移行したくなると思います。またMacにある写真のデータをiPhoneに入れたいときもあるでしょう。そんなときは以下の方法で管理してみてはいかがでしょうか?

iPhone → Mac

iPhoneのカメラロールにある写真と動画データをMacに移行するにはiPhotoを使用します。MacとiPhoneをUSBケーブルで接続しiPhotoを起動します。"デバイス"のiPhoneをクリックし"写真を読み込む"をクリックすることで読み込みが始まります。写真だけでなく動画も読み込まれます。動画を編集したい場合はiMovieを起動するとできます。iMovie起動後、左下に"iPhoto ビデオ"があるのでそちらをクリックすればOK。

Mac → iPhone

今度はMacにあるデータをiPhoneに移す方法です。これにはiTunesを使います。iTunes起動後、"デバイス"のiPhoneをクリックし、写真タブにて"写真の共有元"にiPhotoを選びます。後は同期をすればデータがiPhoneに移ります。

まとめ

このやり方のポイントは、写真や動画データの管理はiPhotoにお任せして動画の編集にはiMovieを使い、iTunesはiPhotoにあるデータの受け渡しを行うために使うという点です。

海外の教育系スタートアップで気になるものまとめ

昨今スタートアップ界隈で EdTech が流行しています。そこで個人的に気になった海外の教育系スタートアップを選んでまとめてみました。

ck-12

Link: ck12

k-12とは幼稚園から始まり高校を卒業するまでの13年間の教育機関のことを指します。ck-12ではSTEM(Science, Technology, Engineering, Mathematics)を主軸にコンテンツを提供しています。コンテンツには教科書的なテキストに加えビデオ課題テストなどがあります。試しに"Arithmetic"と"Physics"を観てみました。課題テストは4択か2択問題になっていますね。ゲーミフィケーション的な要素はなく淡々と進みます。ビデオは解説に役立ちそうな映像などに声をあてている感じでした。決して黒板に解説をするというスタイルではなさそうです。 全体を通してみた感じ、じっくり一人で勉強するのが好きな生徒が使いそうだなという印象です。テキストはボリュームもあって良好ですしビデオは視覚でみて分かりやすい解説をしているコンテンツがあるからです。学校の先生たちが生徒に予習をさせてくる教材として使わせるのもありだと思いました。

KNEWTON

Link: KNEWTON

KNEWTONが提供するサービスは Adaptive Learning Platform (適応学習プラットフォーム) です。こちらのチュートリアルビデオが非常に分かりやすいです。

https://www.youtube.com/watch?v=LldxxVRj4FU

学習するという行為において一人一人に大きな個人差があるはずなのに現在の教育システムはみんなが同じ教材を使い同じ場所で同じ方法で学んでいる。KNEWTONは生徒の特徴に合わせた学習方法を提供することで問題を解決しようするサービスです。 個人にフォーカスした教育サービスは今後も増えるでしょうけど、システム側でどこまで出来るのか先生はどういった役割を果たすべきなのかなど大きな課題もありそうです。

dreambox

Link: dreambox

これは先ほどのKNEWTONの数学版と言ったところです。iPadを使うこととアニメーションがふんだんに使われているという点が違いますね。アニメーションを取り入れることでやる気やモチベーション維持などにも期待できそうです。数学が苦手な人を対象にしているような感じがしました。

duolingo

Link: duolingo

言語学習のアプリは本当にたくさんありますがそのほとんどが英語です。duolingoは多言語が学べるアプリです。クリアしていくとバッジがもらえる等のゲーミフィケーション要素はありますが、学習過程そのものはよくあるアプリと変わらないです。デザインは綺麗で全てに対して音声がついてるのはいいと思いました。

個人にフォーカスしたサービスが流行る

EdTech ブームでたくさんのサービスが生まれてますが、僕は個人にフォーカスしたサービスが伸びるんじゃないかと思っています。KNEWTONのように適応学習で生徒に最適な問題を解かせたり、生徒と先生をマッチングさせるといったような強い結びつきなど。 予備校で長い間講師としてやってきていろんな生徒を観てきました。指導方法も体系化されておらず手探りながらやって学んだことがあります。それは、楽しくなければ勉強しない!です。勉強というのはたいていはつらく苦しいものですが、問題を解いたときの達成感や自分にもできた!という喜びがないと絶対に長く続かないものです。個人に最適化された学習方法を提供できれば教育に革命が起こせるはずだと信じています。

写真 + 音声アプリの Voicepic がサービス終了

写真に音声がつけられるアプリ『Voicepic』がサービスを終了することを決めました。理由はユーザー数の伸び率の低下ということらしいです。Mash Up Awardsなどで優勝しその他のイベントコンテストでも優秀な賞をもらっていたのにあっけなく終了してしまう現実を目の当たりにして、SNSのサービスを展開するのは難しいことなんだと改めて認識しました。 私の知り合いにもこれからBtoC向けのサービスを展開しようとしているところもありますし、どうやってユーザー獲得をしていくのか観察していきたいです。

プログラミング技術は必要不可欠なものになってゆく

世界の最先端を突っ走るアメリカの一番偉い人がプログラミングを学べと言っております。

フォン・ノイマンがコンピューターの基礎理論を作り上げてから高々60年ほどしか経っていないのに、私たちの生活は大きく変わりました。いつでもどこでもインターネットに繋がり誰とでもコンタクトが取れる時代。そこにはテクノロジーの詰まったハードウェアとソフトウェアがあります。少し前まではコンピューターなんてオタクの触るおもちゃだったのに今では誰もが触るおもちゃに。でも遊んでばかりいると日本は世界から取り残されてしまいます。IT億万長者はマイクロソフト、アップル、グーグル、その他色々ありますが全て米国発です。日本がトップを奪取するためには早期教育が必要です。日本人の能力は高いので頑張ればできる。そのための手助けをしてみたいとそう思います。

アニメへの愛が詰まったMAD

ニコニコ動画をみていたら久しぶりにいいものに出会えたので紹介しておきたい。

BGMの選曲とセリフの使い方が素晴らしいです。 ただそれ以上にこのMADにはストーリーがあって好きになりました。

冒頭で1963年に鉄腕アトムが生まれたことが示され、それから50年後の2013年・・・アニメはここまで進化した!といわんばかりにジャンル問わず2013年放送の206タイトルが次から次へと流れます。最初は戦闘系のシーンでカッコイイシーンが流れ、中盤では恋愛系作品が流れ、最後には愉快なBGMにあわせてアニメのキャラが動く動く動く!見ててすっごく楽しくなる作り方で、しかもラストではアリスの「日本大好き」のセリフで締め!

これだけのものを作るには相当アニメが好きでないとできないと思うんです。作者さんはどうやら外国の方っぽいですが、こうやって日本のアニメを好きになってくれるのは嬉しいですね。日本でオタクというとネガティブなイメージですが、もっとポジティブに捉えて世界に発信していけばいいと思うんですよ。漫画やアニメってすごいじゃないですか。日本にはそんなすごいものがあるんだぜって自慢したいですね。

日本のオタク文化が好きな外国人がいたらこのサイト教えてあげたい。

のんのんびより第4話〜出会いと別れ〜

のんのんびより第4話後半パートの、れんげにフォーカスした話しが素晴らしかったので感想を書かざるを得ない。 れんげはこのアニメの中で最も特徴的なキャラクターだ。語尾が"〜のん"で終わったり変な言葉を使ったりする。 そんなれんげがひと夏の経験をしたのがこの後半パートである。

あらすじ及びネタバレは以下。といっても物語の王道を丁寧に描いたお話であるのでいたって普通なのだが。

橋の上での出会い

れんげが一人で遊んでると橋の上である女の子と出会う。しばしお話の時間。

「うち、いろんな場所知ってるのん!」とはりきって写真スポットを回ることに。

初めてのカメラ撮影でレンズの向きを間違えて一枚ぱちり。

思い出

素敵なBGMとともにひと夏の思い出を重ねていく・・・

水筒かわいいね。

別れ

「じゃあ、また明日ね」と。あっ、この台詞もしかしたら・・・

やっぱり嫌な予感は的中。せっかく仲良くなったのに、親の仕事の都合で急に帰ってしまった。

れんげの顔のアップが切ない。このシーンのタメが長いです。たっぷり30秒とってゆっくりれんげの顔にフォーカスしていく。急な出来事で混乱してる様から徐々に現状を理解して悲しみがこみ上げてくる。

泣いた。 ただ泣き叫ぶでもなく、声を殺しながら寂しさに泣いている。

そして今まで一緒に遊んだ場所が映し出されていく。

思い出の場所。

時間を遡る。

そして最初に出会った橋の上。れんげはここで一人家路に向かっている・・・

れんげは小学1年生

れんげは小学1年生。いろんなことに興味をもち、遊びが勉強と言われるような年ごろの少女だ。しかし同年代の友達はおらず周りは自分より年上の人ばかり。妙に大人っぽいのうなづける。

でもやっぱりれんげは幼い子どもなのだ。初めて出会った同年代の女の子との出会いが彼女の素顔を映し出す。二人でいるときのれんげは本当にキラキラと輝いていた。こんな楽しい時がずっと続くと思ってるだろう。

このアニメを観ていると自分が子どもだったころの懐かしい記憶がよみがえる。そんな人も多いのではないだろうか。物語の進行としては王道とも言えるストーリー展開だが、背景、BGM、間の取り方、など丁寧に描かれているため素直に感動できる。

そしてこのお話しの最後。

悲しい別れではなく、また来年に希望を持たせられる終わり方でよかった。れんげは来年の夏休みにまたほのかちゃんと遊べるんだ。よかった。

のんのんびよりは本当にノスタルジックな気分になれるいいアニメなのでみんな観ましょう!

にゃんぱす〜