iriya-ufo's blog

Curiosity was simply the first derivative of knowledge.

Elastic BeansTalk で遊んでみた

Elastic BeansTalk は AWS が提供している Paas サービスだ。Heroku よりはとっつきにくいけどそれほど難しくはない。慣れてしまえばさくっと環境が作れてよい。今回移行作業を行ってみたが案外ハマりポイントなどがあったり、不向きなアプリだったのでやめたが、機会があればこれで運用してみたいと思う。備忘録として記録しておく。環境は Mac です。

おおまかに以下のような手順で進めていく。

  1. AWS CLI ツールのインストール
  2. CLI ツールの設定
  3. アプリケーションを作る
  4. EB 設定ファイルの編集

AWS CLI ツールのインストール

BeansTalk だけなら awscli の方は必要ないが、どこかしらで使うのでついでにインストールしておく。

$ brew install awscli
$ brew install awsebcli

以下のコマンド補完をしておくと便利である。

Bash の場合

Add the following to ~/.bashrc to enable bash completion:
  complete -C aws_completer aws

Zsh の場合

Add the following to ~/.zshrc to enable zsh completion:
  source /usr/local/share/zsh/site-functions/_aws

CLI ツールの設定

AWS CLI ツールの設定を行う。プロファイル名は適当に。キー設定などのため、事前に IAM で専用ユーザーを作っておく。

$ aws configure --profile プロファイル名

アクセスキーの設定

AWS Access Key ID [None]: xxxxxxxxxxxxxxxxxx

シークレットキーの設定

AWS Secret Access Key [None]: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

リージョンの設定、ap-northeast-1 は東京リージョン

Default region name [None]: ap-northeast-1

アウトプットフォーマットの設定、デフォルトは json

Default output format [None]:

~/.aws というディレクトリが作成されおり、その中にコンフィグファイルが入っている。

次に EB CLI ツールの設定を行っていく。こちらも IAM で専用ユーザーを作っておくとよい。先ほどの AWS CLI ツールの時に作成したユーザーでもいいし、別のユーザーでもいい。ポリシーで決める。ここでは対話式での設定となる。

では Rails プロジェクトに移動して $ eb init として初期化する。以下の内容について聞かれるので適宜こたえる。

リージョン                 ap-northeast-1 (東京)
AWS アクセスキー ID           お客様のアクセスキー (IAM ユーザー)
AWS 秘密鍵                   お客様のシークレットキー (IAM ユーザー)
アプリケーション名         eb-your-app-name
Ruby を使用しますか?             y キー (はい)
プラットフォームのバージョン  Ruby 2.2 (Puma)
SSH をセットアップしますか?  y キー (いいえ)

.elasticbeanstalk/config.yml というファイルが作成される。 .gitignore が更新されているのでコミットしておく。

また間違えてパラメーター設定してしまった場合の消し方は以下の通り。

$ eb config delete .elasticbeanstalk/config.yml

アプリケーションを作る

Elastic BeansTalk では一番外側の大きな枠をアプリケーションと呼ぶ。開発用と本番用など環境を分けたい場面はよくあると思うが、それは環境という呼ばれ方をする。EB でアプリを作る際は環境を意識するとよいだろう。以下のコマンドを実行すると Rails プロジェクトのアップロードから ELB の設定、AutoScaling の設定、EC2 インスタンスの作成など一通り行われる。

$ eb create 環境名

ここで以下のエラーが発生した。

1
[Instance: i-xxxxxxxx] Command failed on instance. Return code: 11 Output: (TRUNCATED)...ps://rubygems.org/... Fetching dependency metadata from https://rubygems.org/.. You need to install git to be able to use gems from git repositories. For help installing git, please refer to GitHub's tutorial at https://help.github.com/articles/set-up-git. Hook /opt/elasticbeanstalk/hooks/appdeploy/pre/10_bundle_install.sh failed. For more detail, check /var/log/eb-activity.log using console or EB CLI.

gem を GitHub のリポジトリからダウンロードするなら git をインストールしろ、とある。 $ eb ssh でインスタンスにログインして git をインストールしてもいいがそれではせっかくの Paas の利点が失われるので、設定ファイルを書いて対応する。

EB 設定ファイルの編集

カスタマイズした設定をサーバーにデプロイしたい場合 .ebextensions/01packages.config というように .ebextensions というディレクトリを作ってその中にコンフィグを書いていく。コンフィグはアルファベット順に実行されるので 01 02 … という感じで接頭辞をつけておくとよい。

.ebextensions/01packages.config
1
2
3
packages:
  yum:
    git: []
.ebextensions/02database.config
1
2
3
4
5
6
7
8
# Symlink the ondeck database.yml to database.yml.example
files:
  "/opt/elasticbeanstalk/hooks/appdeploy/pre/01a_symlink_database_yml.sh":
    mode: "000777"
    content: |
      #!/bin/bash
      cd /var/app/ondeck/config
      ln -sf database.yml.example database.yml
.ebextensions/03puma.config
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
files:
  "/etc/init.d/puma":
    mode: "000777"
    content: |
      #!/usr/bin/env bash

      . /opt/elasticbeanstalk/support/envvars.d/sysenv
      RAILS_ENV=production

      case "$1" in
        start)
          /etc/init.d/passenger stop
          cd /var/app/current
          bundle exec puma -C config/puma.rb
        ;;
        stop)
          if [ -f /var/app/support/pids/puma.pid ]; then
            kill -TERM `cat /var/app/support/pids/puma.pid`
            rm -rf /var/app/support/pids/puma.pid
          fi
        ;;
        *)
          echo "puma [start|stop]"
          exit 1
        ;;
      esac
      exit 0

  "/opt/elasticbeanstalk/hooks/preinit/26_puma_start.sh":
    mode: "000777"
    content: |
      /etc/init.d/puma start

  "/opt/elasticbeanstalk/hooks/restartappserver/enact/01_restart.sh":
    mode: "000777"
    content: |
      /etc/init.d/puma stop
      /etc/init.d/puma start

  "/opt/elasticbeanstalk/hooks/configdeploy/enact/99_reload_app_server.sh":
    mode: "000777"
    content: |
      /etc/init.d/puma stop
      /etc/init.d/puma start

  "/opt/elasticbeanstalk/hooks/appdeploy/enact/99_reload_app_server.sh":
    mode: "000777"
    content: |
      /etc/init.d/puma stop
      /etc/init.d/puma start

commands:
  remove_25_passenger:
    command: "rm -f /opt/elasticbeanstalk/hooks/preinit/25_passenger.sh"
    ignoreErrors: true
  remove_26_passenger_start:
    command: "rm -f /opt/elasticbeanstalk/hooks/preinit/26_passenger_start.sh"
    ignoreErrors: true