iriya-ufo's blog

Curiosity was simply the first derivative of knowledge.

Rails のアップデート

Ruby on Rails の 3.2.9 に脆弱性が発見されたため 3.2.11 にアップデートした際の方法を記す。

Gem のアップデート

$ sudo gem update --system
$ gem -v
1.8.24

Rails のアップデート

$ sudo gem update rails
$ rails -v
Rails 3.2.11

古い Rails をアンインストール

古いバージョンの Rails を削除します。新しいバージョンの Rails で動作確認していないなら、念の為に残しておいたほうがよいでしょう。

$ sudo gem uninstall rails
Select gem to uninstall:
1. rails-3.2.9
2. rails-3.2.11
3. All versions
> 1

bundler のアップデート

$ sudo gem update bundler

既存のプロジェクトのアップデート

既存のプロジェクトとの差分を確認するため、テストプロジェクトを作成します。

$ rails new app_test

差分確認

既存アプリと新しく作ったアプリの Gemfile の diff を取って正しく編集する。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
$ diff app_test/Gemfile app_rails/Gemfile
3c3
< gem 'rails', '3.2.11'
---
> gem 'rails', '3.2.9'
18c18
<   # gem 'therubyracer', :platforms => :ruby
---
>   gem 'therubyracer', '0.10.2'

bundle のアップデート

$ bundle update

ビルドツール rake でアップデート

念の為、 config のバックアップを取ってから実行します。

$ cp -r config config_old
$ rake rails:update

設定ファイルのマージ

以下の設定ファイルを比較して編集する。

  • config/routes.rb
  • config/application.rb
  • config/environment.rb
  • config/initializers/serect_token.rb

環境によっては他にも編集すべきファイルがあるかと思います。以上で Rails のアップデートが終了します。